スポンサードリンク

ほうれん草「イタリッチ」猪子石・名東区-あんかけスパ-

2020.01.12(06:00)
あんかけスパ ほうれん草 イタリッチ 猪子石 名東区

現在、あんかけスパ<ミートボール>シリーズを展開中ですが、少し気になることがあり猪子石の「イタリッチ」であんかけスパ食べてきました。

昨年の9月ぐらいだったか、ある方がインターネット配信の番組でコチラ「イタリッチ」のハーブ系あんかけスパを語っているのを聞きました。

スカイルの「コモ」や岐阜のお店とも味の系統としては繋がり、元々のあんかけスパの原点である可能性があるとのこと。

私自身はなぜハーブが必要だったかも含め、あんかけスパのルーツについてすでに婉曲かもしれませんが述べていますし、名古屋めしの起点として「コモ」は相応しくないと思っているのでそもそも気になりませんが、おっしゃっている方はハーブ系にめっぽう強いと思われるインド系飲食店の方ですので、それがどんなものなのかと興味がわき訪れます。

あと、その方がおっしゃっていたあんかけスパの歴史的な成り立ちなど基本的な部分は、ずーとブログで書いてきた私の認識とほぼ同じです。

メディア出身者でもある私としては、主張を通すのであれば「ヨコイ」の山岡さんがレシピを開示した時期を明確に確定させた方がよいと思うのと、現在のあんかけスパ店の広がりについての認識が私とは異なるので、それを客観的な事実で説明できることが大切です。

イタリッチ ハーブ系あんかけスパ 名東区 藤が丘

お店に到着。

モーニングが11時まで設定されていますので、11時以降昼の時間を考えての入店です。

席に着きメニューを見ましても、私の切り口<あんかけスパメニュー名の謎>からは程遠いもので、今回の機会がなければお邪魔することはなかったと思います。

ハーブ系のソースとのことですので、合わせるのはほうれん草にしました。

注文ししばらく待ちまして運ばれます「イタリッチ」のほうれん草です。



食べてみた印象ですが、確かに“あん”に香草っぽい味と香りがありますね。

それと、この味外国のどこかで食べたような味でちょっと懐かしさを感じます。

「こだま」のような異端感は全くありませんが、味のバランスはすごく均整がとれたもので、この味ならあんかけスパで『ミシュラン』に載るかもしれません。

同時に出されるサラダとの相性も良く、嫌な後味が全くないのも素晴らしいと感じます。

個人的にはもう少し硬い麺が好みですが、これは人によるということでしょう。

私的名古屋めしとして「イタリッチ」の味はアレンジの一つですが、「なるほどね~」との感慨ひとしお。

この味のあんかけスパが今存在していることに感謝しながらお店を後にしました。

大変おいしかったです。

関連記事
ミラカンスパ一半「こだま」栄・中区-あんかけスパ-

人気ブログランキングへ

<<ミートボール1.2「タツミ」上社・名東区-あんかけスパ-(二) | 最新 | ミートボール「レッチェ」東片端・泉・東区-あんかけスパ->>

コメント
はじめまして!とっても美味しそうですね^^ぜひ食べてみたいです
【2020/02/07 00:46】 | maki #- | [edit]
コメントありがとうございます。

少し行きにくいところにありますが、美味しかったです。
【2020/02/08 08:29】 | quieu-Rous #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://nagoyalnago.blog75.fc2.com/tb.php/343-7fed44db
| 最新 |